とよなかサイエンスBAR 第20夜

2014年03月28日19:00

とよなかサイエンスBAR

3月28日(金)19:00~

第20夜 「メディアバイアスとどう向き合うか」

平成24年7月にスタートしたサイエンスBARですが、
今夜、ちょうど20回目を迎えました。

今回はこのサイエンスBARマスターである横山拓也さんに
「科学報道の読み取り方」について語っていただきました。

常連の方、初顔の方、
年度末のお忙しい時期にも関わらずご参加いただきました。

時折意見交換を交えた横山さんの語りを楽しみながら
あっという間に過ぎた2時間でした。


DSCF5509.jpg




スポンサーサイト

とよなかサイエンスバー ~第11夜~

2013年05月31日19:00

とよなかサイエンスBAR

5月31日(金)19:00~

第11夜 「水」をめぐるお話~H2Oと私たちの生活~

今回の語る人は、横山 拓也さん。
とよなかサイエンスバーのマスターです。

株式会社アイワークスの代表で、
大阪大学大学院工学研究科 生命先端工学専攻大竹研究室共同研究員でも
いらっしゃいます。

DSCF4628.jpg


この宇宙における「水」とは何か?の問いかけから
皆さんに生活と水との関わりについて考えていただきました。

私たち人間の体に含まれる水の割合は約70%、
では植物をはじめとする生物はどのくらい?

DSCF4625.jpg


水は地球上の全ての生物にとって不可欠なものです。
今回、水への認識の変遷…など
お話を聞かれて
皆さんの水に対する理解が少し変わったかもしれませんね。

サイエンスBARは大人が対象ですが、
飲み物や軽食を楽しみながら科学を語る場です。

科学に携わっておられる方々はもちろん、
科学の分野を目指している、
科学に興味をお持ちの皆様も
今後をお楽しみに!!


次回のサイエンスバーは、
6月28日(金)19時から開催します。
(お申し込みは当センター事務局へ)


とよなかサイエンスBAR ~ 第10夜~

2013年04月26日19:00

とよなかサイエンスBAR ~第10夜~

 とよなかサイエンスBAR
       4月26日(金)19:00~
 
 テーマ:人生における「問題」解決
     ~ちょっと待って、問題ってなんだろう?~

 今回の語る人は、平井 啓さん。
         大阪大学 大型教育研究プロジェクト支援室
         超域イノベーション博士課程プログラム 准教授
         コミュニケーションデザイン・センターの先生でいらっしゃいます。

DSCF4512_convert_20130502165123.jpg

 今回は、クオリティ・オブ・ライフの研究がご専門の先生です。 
 私たちが人生において抱える「問題」について聴講者の皆さんに問いかけながらお話下さいました。

DSCF4517_convert_20130502173214.jpg

DSCF4524_convert_20130502173354.jpg

 
 私たちの人生には、様々な問題がありますが、それを乗り越えて豊かな人生を送るためには
 何か必要かを具体的に事例を紹介していただきました。

DSCF4536_convert_20130502165805.jpg
 
 問題を見つけた時には、すでに解決への一歩を踏み出しているそうです!
 問題を抱えることの多い現代社会を生きる私たちにとって有意義なお話でした。
 解決の糸口を掴まれた方もいらしたかもしれません。



 とよなかサイエンスBARでは毎回興味深いテーマで開催しています。
「科学を楽しみたい」とお思いの皆様、ご参加お待ちしています。

とよなかサイエンスBAR ~第9夜~

2013年03月29日19:00

とよなかサイエンスBAR

3月29日(金)19:00~

第9夜 微生物と酵素
~毎日のお洗濯からバイオ燃料まで、暮らしを支えるミクロの分子マシナリー~


今回の語る人は、本田 孝祐さん。

 
大阪大学大学院工学研究科 生命先端工学専攻
大竹研究室 准教授でいらっしゃいます。

DSCF4424.jpg

酵素の働きといえば、
食物を消化分解…
洗剤用の酵素は
微生物の働きで作られていて
タンパク汚れを分解…

微生物というと、バイ菌とか乳酸菌などを
思い浮かべますが、実は微生物というのは
身近な存在で、かつ私たちの生活に欠かせない
役割を果たしています。

そんな微生物の重要な働きについて
実験を交えながらお話しいただきました。


DSCF4435.jpg

DSCF4437.jpg



サイエンスBARは大人が対象ですが、
飲み物や軽食を楽しみながら科学を語る場です。

科学に携わっておられる方々はもちろん、
科学の分野を目指している、
科学に興味をお持ちの皆様も
今後をお楽しみに!!


次回のサイエンスバーは、
4月19日(金)19時から開催します。
(お申し込みは当センター事務局へ)


とよなかサイエンスBAR ~第8夜~

2013年02月22日19:00

とよなかサイエンスBAR

2月22日(金)19:00~

第8夜 日本語を学んだ朝鮮人・朝鮮語を学んだ日本人
      ―言語学習の非対称性について


今回の語る人は、山田 寛人さん。

DSCF4315.jpg

 
広島大学非常勤講師。
ご専門は社会言語学、朝鮮教育史です。

朝鮮が日本の植民地として支配されていた時代に、
多くの朝鮮人が日本語を学んでいたことは
よく知られています。
一方、朝鮮に住んでいた日本人の中には
朝鮮語を学ぶ人たちもいました。

当時の両言語の学習状況の実態を概観しながら、
「日本語強制」・「朝鮮語抹殺」といったことばから
連想されるイメージと実態とのズレや
言語学習の非対応性についてお話しいただきました。

DSCF4327.jpg


今回、いつもより告知が遅くなってしまったので、
少々心配をしていたのですが、
普段お仕事の都合で参加の難しい方が
初めて参加してくださいました。


サイエンスBARは大人が対象ですが、
飲み物や軽食を楽しみながら科学を語る場です。

科学に携わっておられる方々はもちろん、
科学の分野を目指している、
科学に興味をお持ちの皆様も
今後をお楽しみに!!


次回のサイエンスバーは、
3月29日(金)19時から開催します。
(お申し込みは当センター事務局へ)



プロフィール

起業・チャレンジセンター

Author:起業・チャレンジセンター
豊中市の蛍池にある起業家と事業者の支援施設「とよなか起業・チャレンジセンター」です。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QRコード